買い取ってくれる業者|いらない古書は、全部買い取り業者に任せていこう!

いらない古書は、全部買い取り業者に任せていこう!

買い取ってくれる業者

古書

実際に古書を買い取りしてもらうときに、どこで買い取りしてもらうのかをまずは探していくことになるでしょう。
もちろん古書の買い取りについては業者によってその金額が大きく変化します。
だからできるだけ損しないように、業者選びも徹底していかなければいけません。

では賢い人はどんな業者を使っているのか?
まず古書の買い取りをしてくれる業者には主に「大型チェーン店」と「小さな本屋さん」の2種類が存在します。

大型チェーン店の場合は他の記事でもいったように古書の状態だったり、あと発売からどれだけ経過しているのかによって値段が決まります。
またそれに加えて「そのお店がどれだけ在庫を抱えているのか」によっても変わってくるでしょう。
だから売ろうとしている古書をそのお店がたくさん抱えている場合、もちろん買い取り金額は大きく下がってしまいます。
ただ実際の在庫状況は店頭を見たりするだけでは判断がつかないので、見極めるのが難しいと思います。

そして小さな本屋さんの場合は、主に珍しい本を高額買い取りしてくれるようになっています。
もしあなたがめずらしそうな古書を持っている場合は、小さな本屋さんを選んでいく方が間違いなくいいでしょう。
ただし小さな本屋さんの場合は、どこでも買えるようなコミックなどの本を一切買い取ってくれない場合があります。
つまり売れる本の種類がかなりかぎられてくるので、たくさん売りたいものがある場合はその一部しか処分することができないかもしれません。

とりあえず一気に効率よく処分したいなら大型チェーン店を、そして買い取り金額重視でいくなら小さな本屋さんの方がメリットがあるといえるでしょう。